日本サッカー Jリーグ進化中

天皇杯で勝つのはJリーグのチーム

サッカーキーパー

サッカーの天皇杯というのは特殊な大会で、プロのJリーグも参加しますし、学生も参加してとトーナメントをすることになるというちょっと他にはあまりないシステムになっています。プロとアマチュアとが戦うことが出来る機会があるのがこの天皇杯の魅力の一つでもあります。そのため、時々ではありますが、アマチュアがプロに勝つという番狂わせが起きることもあるのが面白いところです。

ただ、優勝するようなアマチュアはやはりなくて、番狂わせが起きるのは最初のうちだけで、トーナメントの準決勝、決勝となってくると残っているのはJリーグのチームということになっています。このことを見てもいかに今のJリーグが強くなっているのか、進化しているのかが分かる気がします。

サッカーは実はかなり番狂わせが起きる可能性がある競技で、弱いチームは守りを固めて反撃を狙う事で強いチームに勝つことも出来たりするのです。それがあるから面白いということもあるのですが、それをさせないだけの実力が今のJリーグにはあると言えるでしょう。世界で戦うことが出来るようになってきているレベルは伊達ではないということになると思われます。世界最強とまでは行かなくても日本最強は言ってもいいでしょう。技術だけではなく精神面も鍛えられていると言えるでしょう。

Jリーグ「スポーツくじTOTO」 海外サッカー「ブックメーカー」https://www.tryflag.com/

サッカー

Jリーグの先 サッカーの国際大会

サッカー

日本のサッカーリーグであるJリーグは、当然のことながら日本国内においては最高峰の舞台です。しかし、Jリーグで上位に入ることが出来れば翌シーズンにはアジア全域で行われる国際大会として知られるアジアチャンピオンズリーグに出場することが出来るようになります。

アジアチャンピオンズリーグへの出場枠は国のサッカーランキングで決まっていて、現在のところ日本は最大の4枠を獲得しています。前シーズンのJリーグで3位までのクラブと天皇杯で優勝したクラブが出場することになっていて、日本国内のリーグ戦やカップ線と平行して国際大会を戦うことになります。以前は西アジアのクラブと試合が組まれることもあったため移動が大きな負担になっていましたが、現在は西アジアと東アジアで分けられていて決勝でそれぞれのクラブが対戦することになりました。

サッカー

また、アジアチャンピオンズリーグで優勝すると各大陸のクラブ王者が相まみえるクラブワールドカップへの出場権を獲得することが出来ます。クラブワールドカップはヨーロッパや南米の強豪クラブと対戦する大きなチャンスであり、出場がかなえば選手だけでなくクラブにとっても大きな財産になり将来の役に立つのです。

キックオフ